家の中でテレビばかり見ている家人

家の中でテレビばかり見ている家人にイラっとすることがあります。
でも自分もパソコンばかり見ているのでひとのことは言えないような気もします。
高校野球が終わりましたが開催中は朝からずーっと見ていますね。
野球に興味がないどろこか、大きな声では言えませんけどどちらかというと嫌いな自分としてはあんなに場時間見ているなんて信じられません。
自分がひいきにしているチームの試合ならともかく。
子供はテレビを見たがるけれど大きくなると卒業して他のことをしはじめますね。
しかし、歳をとって衰えてくるとまたテレビに帰るんでしょうかね。
同僚薬剤師Uさんの義理の父とか、おじいさんレベルになるとテレビをつけて、顔を向けているのに見ているんだかもわからないそうです・・・。

俗説や言い伝え

俗説や言い伝えは意外と間違っている応急処置というのがあります。
蚊に刺された時に爪でバッテンにすると一時的には効果があるけどまたぶりかえす。
肌が傷つくととびひや感染症の危険があります。
蚊の唾液によるアレルギー反応するので温めると血管が広がってかえってかゆみが増える。
アレルギー反応を緩和するので冷やす方が良い
一日おくれる遅延反応があり、かきつづけると跡が残る
足の汗には蚊が大好きなものが含まれているので蚊がよってくる
蜂に刺された時に針が残るようであればすぐに抜く
一匹でもまとわりつくように飛んでいたら、注意が必要
しゃがんでゆっくりとあとずさり5メートルから10メートルは離れる
追いかける習性があるので走ると追いかけられる
警報フェロモンで仲間がどんどんやってくるので慎重に!

最後の方にご都合主義

早くに両親を亡くして、お世話になっていた警察官の義父。
主人公も警察官になり、娘と結婚して息子と4人暮らし。
とても平和に暮らしていたのに、通訳捜査官の義父が間違いを犯す。
それにより収監されてしまった人がいるのを知っていて、迷った末に告発した主人公。
義父は自殺してしまい、妻からは冷たい態度をとられ、息子も反抗期で不登校。
そんな小説を読みました。
終盤では妻も息子も主人子を心配していたってあったけど、それにしても非難の目を向けていたし違和感がありまくりました。
この作者さんは面白いストーリーを書いてくれるますが、最後のオチの方になるとご都合主義というか上手くまとめたように見えるけど、そうでもないというか。(笑)

飛行機を待たせた責任をとって辞任

メキシコの環境相の女性が乗り遅れそうになった飛行機を待たせた責任をとって辞任。
権力を持っている人はこれまた凄いことをやっちゃいますね。
航空会社の幹部に電話して、離陸を待つように依頼して、それがかなってしまったのもそもそもおかしいですよね。
滑走路に向かっていたが引き返して出発は30分以上おくれました。
権力の乱用などと非難がおこり、二日後にスピード辞任となりました。
バレないと思ったんですかね。
それとも以前から同じようなことをしていたんでしょうか。
政治家になると自分は権力者だからなにをやっても良いと思っているんじゃないだろうかと疑いたくなる人が多いのはなんなんでしょうか。
それとも、そういう問題の人ばかりが目立ってしまうだけなんですかね。

線路内での何かしら

線路内での何かしらのトラブルがあると、その現場の近くにある線路は封鎖されてしまい遮断器もずっと閉じたままになるんですよね。
いつか開くはずと思って待っている人にとっては、とてつもないストレスでしょう。
その気持ちはわかりますけど遮断器をどかして良いわけがありません。
男性が遮断器を切断するシーンを動画で撮っていた人がいて、それをテレビで見ましたよ。
切断しはじめた時点で冷静になれなかったんですかね。
男性からしたらひっこみがつかなくなったのかもしれません。
何も切らなくても良かったのでは?
遮断器ってけっこう弾力性があるから自分の車だけ下をくぐれるようにすれば通過は出来たと思います。
この件の賠償金が数百万円になるかもしれないと聞き、なんとも言えない気分になりました。

間違いはあることだけども。

職場に電話がかかってきて、後輩薬剤師Tさんが出ました。
何やら謝罪をしている様子でした。
クレームかなと思ったけど、なんだかおかしい内容です。
電話をきったあとに聞いてみたら、午前中で帰宅した人が裁判所に間違ってFAXをしていたようなんです。
内容からしてたぶんその人なんですけど、なんの書類を間違えてFAXしたのかわかりません。
念のためにこちらにその書類をFAXして、破棄して下さいと電話をかけなおしたのに、どのタイミングで破棄していいのかわからないと言い出しました。
これだからお役所仕事は・・・。
それとも性格なのか、捨てていいって言ってるのに。
で、待っていてもFAXがこないので、もういいですって連絡をしたりして面倒なことになりました。

編集者ぶたぶた

初読み作家さんの、矢崎存美さん。
読んだ本は『編集者ぶたぶた』です。
この作家さんの本の一覧をみたら『ぶたぶた』だらけ。
ぶたぶた、とはいったい・・・
読んでみたら、バレーボールくらいの大きさのぶたさんでした。
でも主人公ではありません。
主人公は毎回変更される短編でした。
主人公がぶたぶたと出会うわけですが、毎回、なんでぶたが?ってシーンがあります。
ある人は、これは夢だと思ったまま進行していきます。
おじさんで良い声で、料理もしちゃう器用なぶたぶた。
主人公を助けてくれる人・・いや、ぶたのぬいぐるみ?です。
もちものを落とすのではないかとひやひやさせるけど、起用さん。
自分も会って悩みを相談したくなりました。
他のシリーズも読んでみようと思います。

歯医者で自分のかみ合わせが・・・

先日、久しぶりに行った歯医者で自分のかみ合わせが良くないことを教えてもらいました。
唇を閉じると右の歯だけ接触しているんですよ。
本来ならどちらも接触しないはずなんだとか。
下の正しい一は上あごのくぼみにした全体が密着するべきで、アゴや頭を支える筋肉の一部が舌なんですね。
大切な理由として唾液があります。
舌の位置が正しいと唾液がしっかりと分泌されます。
舌の位置が下ると口呼吸などの原因になる。
唾液が減って風邪や歯周病になりやすくなるのは困りますね。
正しい位置になっていない人は、自分で気をつけるようにするだけでよくてこれで舌うちもしなくなるんだとか。
自分の右だけ接触してしまう件も意識してくっつけないようにすればいいって言われましたよ。

血管を広げる作用

恥ずかしながらショウガの良さを知ったのは20代後半からでした。
そして少しずつ薬味が好きになったという感じです。
今思えばかなりおそいですよね。
味覚が子供だったのかなと思うと恥ずかしいです。
ショウガの健康効果に今になって注目しています。
ジンゲロールという辛み成分はショウガの皮と身の間に多いので生でとるべき。
殺菌作用があり、お寿司のガリ、焼き魚のはじかみは殺菌の為にあるようなものです。
ピロリ菌を殺してしまうという論文があるので皮ごとするのが良い。
温めるとショウガオールが増えて冷え性改善(加熱すると二倍以上になる)
胃腸の血行を促進させて熱を体の深部に蓄える!
血管を広げる作用はジンゲロールもショウガオールもあるります。

「飲むカレー」

「飲むカレー」というのが存在していて売っているそうです。
飲む???意味がわからない。
常温で飲んで美味しい味にしてあるとかいろいろ工夫をしているようですけど、私は飲みたいとは思わないのでいいです。(笑)
カレーはやっぱりご飯とかナンとか何か炭水化物と一緒にとらないと!というイメージがあります。
試してもいないのに批判をしてはいけませんね。
でも、試したくないレベルで嫌です!
あと私はカレーにはとろけるチーズが必須なのでそれがないので、ますます却下になります。
なにごとも、『普通』や『定番もの』が一番だと思っています。
アイデアは・・・いいのかな?
ちょっとなにもかも同意できませんね。(笑)
カレースープでいいんじゃないでしょうか?