なにかしらの対応が必要

天気痛に含まれる症状は歯周病
頭痛、関節痛、めまい、腰痛、首や肩の痛み、温度、湿度。
気圧の変化が天気痛を作っています。
高気圧だと晴れ、低気圧だと雨。
内耳という鼓膜の奥にある三半規管は体のバランスをとる、ここが気圧を感じて脳に指令を送ります。
気圧は目に見えないので脳が混乱して全身の交感神経が興奮します。
気圧の変化に対して敏感な人はなりやすいそうですよ。
耳回りの血流が悪いことが分かっています。
耳を軽くつまみ、横、上、下にひっぱる。
次に軽くひっぱりながら後ろにまわす。
耳を包むようにして回す。
朝昼晩3回するだけで天気痛が緩和されるようです。
天気に体調が左右されるのであれば、なにかしらの対応が必要ですからね。