真っ黒カラスの漢字

「カラス」を漢字で書くと「烏」になりますね。
鳥という字に一本棒がない字なわけです。
手書きだとたんなる間違いかもしれないと思いそうになります。
カラスだけそんな字なのは不思議ですね。
鳥のなりたち
象形文字はだいたい、トリに見えるものでした。
カラスという字にない横棒は目の部分がないということなんですって。
カラスは体が真っ黒で黒い目がどこにあるかわからないからそうなったって、思わず「へぇ~」って言いたくなってしまいました。
体も黒いから黒い目も見えない、だから目の部分を抜くってなんだかおもしろいような適当のような決め方ですよね。
カラスみたいに真っ黒い鳥って他にはいないんですかね。
もしいたら、カラスの漢字のなりたちはいったいどうすればいいんだか。(笑)