歩行中の事故にあう年齢

警察庁が過去5年間の統計で歩行中の事故にあう年齢は7歳が吐出して多いことを発表しました。
全ての年齢の中で死傷者数も多い。
被害に遭った子供の方に落ち度のない事故が半数近くもあるなんて・・・。
ルールを守って青信号で横断歩道を渡っていた子供が亡くなるなんて酷いです。
今は高齢者ドライバーが起こす事故も毎日のように報道されていますしね。
7歳は小学校新一年生です。
自転車の死傷事故は16歳、高校新一年生になります。
通学距離が広がり自転車を乗る子供が多くなっているというのもあるようです。
子供を守るのは大人しかありません。
車に乗る大人が気をつけなければならないということを車に乗る人間全員が肝に銘じなければなりません。