無呼吸症候群

治療しないと死亡につながる無呼吸症候群
呼吸喪失症とは呼吸をするのを忘れている状態になることです。
無呼吸症候群とは違っていびきとは無関係であり、突然亡くなる
寝ている間に呼吸が止まり、低酸素血症になる。
一晩で何度も無呼吸になり体に危険な状態になる。
酸素濃度は息を止めたからといって簡単には下がらない
血液には酸素が溶け込んでいるので健康な人ならすぐ下がらない。
無呼吸症候群は、睡眠中に息をしていないけれど、胸は動いていて息をしようと動いている。
しかし呼吸喪失症は肺を動かす筋肉が停止している。
無呼吸になったら音が鳴って目が覚めるようにできる機械がある。
呼吸喪失症になりやすい人達は誰だと思いますか?
それは赤ちゃんです
大脳が呼吸をしろと命令をして肺が動く。
大脳が寝るときには自動呼吸マシーンがあるので肺は吸ったり吐いたりできる。