人間の食欲

人間の食欲
胃の中がなくなると脳からドーパミンが出る
接触中枢が刺激されてお腹が減る
食欲上がりがドーパミン
食べ始めてから15分ほどセロトニンが出てきて食欲が下がる
ドーパミンがずっと出ている人はセロトニンよりドーパミンが勝ってしまいずっと食べ続ける
ドーパミンとセロトニンのどちらが買っているのか脳波(感性アナライザ)で分かる
食への興味度を脳波で測る
食べ物を見たり匂いを嗅ぐと脳波があがる
過去とのすり合わせで、美味しい記憶がよみがえると必要以上にドーパミンが出て食べ過ぎることがある
小腹が空く
ドーパミンが落ち着くのは15分。
食べたがっている脳を騙す方法がある。
自分の好きなもの、落ち着かせるものを目の前に置く。
気を反らすのが一番。
脳の興味の対象が食欲以外にすり替わる。
5分から15分行うと食欲がなくなるならない。