インフルエンザ重症化予防

インフルエンザ重症化予防というのがあります。
無毒化したウィルスを打って体の防御機能が働き血液で効果が出る。
ウィルスは粘膜から増殖して入ってくるものであり血液に入ってくるまでは防げません。
従来の予防接種は症状を軽減するものではなく防ぐものです。
経鼻ワクチンという鼻にスプレーをするもので注射が必要なくなります。
ワンシーズンに2回打つことになり、従来の予防接種と同じ金額です。
喉や鼻の粘膜に抗体がつくられて防ぐことができる
一修理のウィルスだけでなく広い範囲の効果がある
予想ができないウィルスにも感染を防ぐことができると実験の効果がでているそうです。
未知の新型ウィルスまで防げるのですからこれは世界的にもすごい開発ですよね。