病院の問診

患者さんは内科の教科書を読んでから受診するわけではない。
ここが痛いとか出ている症状しか言わないものであると先生はおっしゃっていました。
患者さん本人に自覚症状がない場合もあるのでドクターが問診で病気をたぐりよせる。
これは難しいことですよね。
でもこの聞き出す力がないと間違った治療をすることになります。
何件も病院をまわっているのに症状が良くならないという話しはよく聞きます。
レントゲンやMRIをとってすぐにわかる病状ならともかくそれではわからない、またはそこまでたどり着かないと困りますね。
いい先生に診てもらえるかどうかも運があるかもしれませんね。
そしていい先生だとしても見抜けない場合もあるのですから病は恐ろしいものですね。