怒りの独り言

独り言でも暴言をはいたら、自らで取り消せば帳消しになるって聞きました。
精神的にも取り消すことによって悪い方にはいかないんだとか。
でも、その取り消すときに出る言葉が、これまたネガティブなことだらけだと結局はよくないような気がします。
原付バイクを運転しているとイライラすることばかりです。
前を走る車が遅いときとかは本当に嫌ですね。
一時停止も本当にキッチリとまって右見て左見て、もう一回右見て左見てってやる人に不快感を感じます。
だからついつい人には聞かせられないような事を思ってしまうし、つぶやいてしまいます。
怒りの独り言って怖いでしょうね。
それに気が付いて自分を褒めようとしましたが、もともとそんなキャラじゃないので難しいです。

43憶円ものタンス預金

日本には43憶円ものタンス預金があるとされています。
・・・いったい、誰がどんな方法で試算したんでしょうかね。(笑)
日本という国は災害が多い国ですよね。
大きな地震によって津波の被害にあったり、台風や雨の影響で川が氾濫してしまったり床上浸水してしまったり。
山が崩れて土砂災害もあります。
その影響で金庫が売れているらしいですね。
災害が多く、自宅がちゃんと残るかすら心配なのになんで自宅でお金を保管しようと思うのか心底不思議です。
どんなに丈夫な金庫でも川の濁流にのまれてしまったらお終いです。
災害があったときように現金を多めに持つようしてしているというのはわかります。
カード払いばかりで手元に現金がないのでそれくらいはしようかなと思いますが、やっぱり金融機関に預けた方が安心です。

蚊取り線香の工程

蚊取り線香はほとんど一年中うちではつけていますね。
温暖化の影響で本当に真冬の2、3カ月くらいは蚊をみかけることはありませんけど、それ以外は暑いのでやっぱりとんでいます。
そんな親しみのある蚊取り線香の製造工程をテレビで見ましたよ。
除虫菊といのがあるんですね。
緑色をしているのはヨモギの葉っぱの色であり、虫よけ効果があるし目にも涼し気なので採用しているようです。
昔は手作業で丸くしていたんですって!
私は不器用なので丸くしている工程で折ってしまいまそうです。(笑)
今は機械で巻いていますが、それでも目視で確認は必要なんだとか。
眼鏡をかけているくらい視力はよくないし、ずっと見ていると大変だろうから目視って大変ですよね。

換気扇の上の掃除

ちょっとした知恵袋的な話題は好きですけど、疑問に思うことも多々ありますね。
換気扇の上の掃除について。
お湯でうすめたリンスを塗っておくとホコリがあまりつかないそうですよ。
新しくリンスを買ったりすると以前まで使っていたのをもうやめたいという気持ちになるので、これは便利かもしれません。
ただ、あまり好きな匂いじゃないからそれはどうかなぁって思いますね。
あとは、お風呂の鏡にノリをぬってしっかり乾かすとお風呂に入っていても曇らないそうですよ。
実際にやった映像を見ると意外と見えていることに驚きました。
これはだいたい5日間はもつそうです。
ってそこまでする必要はありますか?
曇っていたら、お水かお湯をかければ済むわけですしね。

真っ黒カラスの漢字

「カラス」を漢字で書くと「烏」になりますね。
鳥という字に一本棒がない字なわけです。
手書きだとたんなる間違いかもしれないと思いそうになります。
カラスだけそんな字なのは不思議ですね。
鳥のなりたち
象形文字はだいたい、トリに見えるものでした。
カラスという字にない横棒は目の部分がないということなんですって。
カラスは体が真っ黒で黒い目がどこにあるかわからないからそうなったって、思わず「へぇ~」って言いたくなってしまいました。
体も黒いから黒い目も見えない、だから目の部分を抜くってなんだかおもしろいような適当のような決め方ですよね。
カラスみたいに真っ黒い鳥って他にはいないんですかね。
もしいたら、カラスの漢字のなりたちはいったいどうすればいいんだか。(笑)

うわっつらの対応ばかり

選挙のために有利とされている政党に移動する人はもちろんのこと、なんだかうわっつらの対応ばかりの議員。
とりあえず都議選の話しです。
有利とされている政党のことを、素人の集まりで東京都のことになるのかって。
確かにそうですね。
でもだからといって、いままで幅を利かせてきていた自民党のおじさんたちが東京都のためになにかをできるとも思いません。
自分の功績をみずから発表するのはちょっとやりにくいとは思いますけど、現職のひとたちにはやってほしいです。
これだけのことをしましたよ、これを目指して誠意活動中ですなど。
みずからアピールしてくれないとわかりませんよ。
まあ、東京都民ではないので選挙権はないですがメディアで話題になるのでちょっと考えてしまいました。

歩行中の事故にあう年齢

警察庁が過去5年間の統計で歩行中の事故にあう年齢は7歳が吐出して多いことを発表しました。
全ての年齢の中で死傷者数も多い。
被害に遭った子供の方に落ち度のない事故が半数近くもあるなんて・・・。
ルールを守って青信号で横断歩道を渡っていた子供が亡くなるなんて酷いです。
今は高齢者ドライバーが起こす事故も毎日のように報道されていますしね。
7歳は小学校新一年生です。
自転車の死傷事故は16歳、高校新一年生になります。
通学距離が広がり自転車を乗る子供が多くなっているというのもあるようです。
子供を守るのは大人しかありません。
車に乗る大人が気をつけなければならないということを車に乗る人間全員が肝に銘じなければなりません。

物流倉庫で火事

大手通販会社の物流倉庫で火事がありましたね。
火事が起こる前日はポイント倍増デーだったので自分も注文をしていたのでビックリしました。
そこの倉庫からくるかどうかはわかりませんけど東日本は注文が一時期ストップしていましたね。
でもすぐに再開して他の物流センターで対応しますって出てました。
早めに復旧しないと売り上げに差が出るのかもしれないけど、混乱している状況なのに新規の受付を開始するなんて驚きです。
現場の人が大変なだけなのに大丈夫なんでしょうかね。
自分は到着日を一週間以上先の木曜日か金曜日にすればさらにポイント増量というキャンペーンを利用していました。
だからそちらを利用している人はすぐに到着する予定ではないので影響はなさそうですね。

名前を公開できない時代

よく行くコンビニの店員さんの名前は覚えていないけれど顔は覚えていますね。
コンビニにしろスーパーにしろ、今はもらったレシートにレジを打った人の名前が出ていますね。
名字しかないように思っていましたがお店によってはフルネームがあるようです。
バイト先がフルネーム記載の学生さんがSNSで検索されて連絡が来たのが怖かったというのが話題になっていました。
確かに誰が担当したのかお店だけがわかるような暗号の方が良いと思います。
ただ、SNSにフルネームを晒している人もどうかという意見もありましたよ。
自分も同感です。
有名人ならともかく一般人で本名フルネームでSNSをしている人の気がしれません。
日本にFacebookが海外より浸透しないのはそこがネックなんだとも思いますね。

便利なカーテン

声をかけるとカーテンが開く・・・
この仕組みは体が思うように動かない人には有効的なものだと思いました。
指定した時間にカーテンがあくっていうのは魅力的です。
と言うのも、朝起きる前にカーテンが開いていて欲しいと思うからです。
家にはもちろんそんな便利な機能なんてないので、寝る前に電気を消してからカーテンを開けてからベッドに入るようにしています。
防犯上は良くないことは分かっています。
でも自動では開かないので仕方がありません。
便利すぎるのもどうかと思いますがこの機能はそそられます。
しかし!操作するにはスマホが必要だそうです。
ガラケー持ちはすでに除外されているようですね。
まあ、お金をかけるくらいなら自分で開けますのでいいですけどね!